ウェブメールがあれば仕事が円滑化する|便利なコンテンツ

大きなデータの送信方法

ダウンロードで解決しよう

ファイル

現代社会ではビジネスに利用する書類のほとんどは、デジタル化されているため、メールに添付すれば簡単に取り引き先に送れます。
しかし、そのビジネスのためのデータが、メールでは取り合え使えないほどの大容量だった場合は、送信する方法が限られるでしょう。
メモリーカードやCDに保存して、物理的に送る方法もありますが、現在ならばオンライン上のファイル転送を使うのが賢い選択といえます。
インターネット上のサービスとしてのファイル転送は、送るというよりもダウンロードしてもらう形になります。
そのためには、まずはサービス業者とスペースを借りるための契約をして、渡したいデータをそこにアップロードするだけです。
あとは、ダウンロードするためのアドレスをメールで送って、そこから取り引き先に受けとってもらうだけです。
このファイル転送を行なう上で一番重要なのは、ビジネス上のデータを取り扱っているということです。
企業によっては、無料で提供されているファイル転送を利用しているケースもあります。
しかし、会社にとって重要である情報の漏洩が心配という場合は、セキュリティが強化されている有料版のものを利用するとよいでしょう。
現在では、様々なファイル転送サービスが色々あるので、それぞれのサービスを比較した上で、それらの中から選ぶことが大切です。
自社だけではなく取り引き先がいる場合のデータは、両社の財産なので、強固なガードが施されたファイル転送を利用しましょう。

ファイルサイズと情報共有

ファイル

企業が利用するファイル転送のサービスは幾つかの要点を把握しておく事が求められます。
これは個人向けの用途とは異なり、ファイルのサイズが非常に大きくなることがある為です。
その他にも情報漏洩などの面でセキュリティーが確立されている必要があります。
ファイル転送のサービスは個人向けの無料サービスもありますが、これは転送できるファイルのサイズが予め決められているものが大半です。
また、この種のファイル転送のサービスは利用するユーザーが限られてしまうという点もあるので、企業ニーズを満たさない事があります。
しかし、企業向けのファイル転送サービスは大容量のファイルを容易に送ることができるだけではなく、ユーザー数を増やす事も可能になっているのです。
このことから業務用途に適したサービスとなります。
そして、ファイル転送のサービスはセキュリティー面にも配慮しています。
企業が特定の社員や個人に向けて機密性の高いファイルを送信する事は頻繁にあります。
これは情報漏洩を防ぐ上でもミスが許されないものです。
ファイル転送のサービスは、この種の誤送信を防ぐ為の機能を完備しています。
また、予め情報にアクセスできる利用者を制限したり、ファイルを送信し受け取ったユーザーを特定する機能などもついています。
このことからファイル転送における重要なミスを排除する事が出来るのです。
それゆえに、トラブルを未然に防ぐ上でも利便性に優れたファイル転送のサービスを利用する事が大切です。

多様な働き方が可能に

ファイル

企業がコンピュータシステムで取り扱う電子データは文書ばかりでなく、画像や音声データなど多種多様な種類があります。
データベースやプレゼンテーションに使用する資料はファイルサイズが大きくなりがちで、写真や動画といった大容量ファイルを業務に必要とするケースも少なくありません。
業種によってはCADデータやDTPデザインを日常的に取り扱う場合もあって、顧客や取引先・提携企業との間でそれらの大容量ファイルをどう共有するかが問題となってきます。
ファイルサイズがそれほど大きくない場合はメールに添付して送信するのが一般的でしたが、大容量ファイルをメールに添付するのは避けなければなりません。
メール添付はダウンロードに時間がかかるだけでなく、機密性の高い情報を共有する場合はセキュリティの点でも問題があるのです。
その点でファイル転送サービスはSSLやTSLなどでファイルを暗号化して扱うため、万全のセキュリティによってファイルが守られます。
ファイル転送は共有したいファイルをサーバーにアップロードした上で、アドレスを知らせた相手にダウンロードしてもらうのが基本的な仕組みです。
高速通信網を利用して効率よくアップロードとダウンロードができるため、大容量のファイルでもストレスなく送受信できるメリットがあります。
大容量ファイルを手軽に共有できるファイル転送サービスを利用すれば、社外で仕事をするような形で活用場面が広がります。
勤務時間内に終えられなかった作業を自宅に持ち帰って残業を消化する場合でも、ファイル転送サービスを通じてファイルをダウンロードすれば社内と同様に作業を続けられます。
時間や場所の制約を受けないテレワークの勤務形態も増えていますが、そのような人にもファイル転送サービスは多く利用されているものです。
ファイル転送の仕組みをうまく活用することによって、在宅勤務を含めた多様な働き方が可能となるのです。